Infinite flight の操作方法

Infinite flight とは

今回は、スマホでできるInfinite Flight(インフィニティフライト)の紹介をしたいと思います。Infinite Flight は本格さながらのフライトのシュミレーションゲームです。

スマホで簡単にできます。フライトのコースを決めて離陸から着陸から駐車するまで自由に飛行できるゲームです。最初は慣れないですが、だんだん上達していきます。着陸のタイミングをつかめば、楽しいです。

そのほかにもオンラインプレーヤーと遊ぶことができます。その場合は料金を支払い続けなければできません。いろいろな種類の飛行機があり知っている飛行機も飛ばせます。

操作方法 離陸から着陸まで

インフィニティフライトの操作は簡単で英語が読めなくても覚えれば大丈夫です。

 

 

マップ 左下の四角いのがマップです コースを決めることができます。

まずはbrakesを押して左のPWRと書いてあるところを上にあげるとだんだん早くなるのがパワー出力です。Rubで右か左に行きます。調整して滑走路に来たらFlapsのところを長押しすると数字が出てきます。

フラップ何度なので15だったらそれに合わせます。離陸の際のフラップは数字が低くて着陸は数字が高くします。

 

左のパワー出力を上げて加速させて離陸します。スピードが190~200ぐらいで端末を傾けると上にいきます。このゲームはフライト中はオートパイロット機能がついており離陸する前に設定できます。離陸した後にオート機能をオンにするにはAPを押すと自動になります。Gearを押して車輪をしまえます。

APでは各それぞれのボタンを長押しで調整ができます。

SPD:長押しでスピードを自動にできます。

HDG:機体の方向を調整できます。(中央の下にあるメーターが方角を示しています)

ALT:高度で自動で設定した高度に行きます。

VS:機体の傾きです。あまり使わないと思います。

離陸したら目的の空港まで機体の調整などをしながら、待ちましょう。

オートパイロット機能にした状態↓

 

空港が近くなってきたらフラップの数値を上げます。

着陸に入るときはスピードと高度を下げて滑走路に近づいたら、オートパイロット機能で一つずつ外します。スピードだったらそこのボタンを押してください。車輪を出して着陸すれば大丈夫です。 

スピードを140~150ぐらいにすると成功できます。練習すると慣れていくので、頑張ってください。滑走路に触れそうになった時に、機体を3度上に傾けると後輪から上手く着陸できます。

着陸時にSPOILERSを押すとスピードが落とせます。駐車しなくてもコースを決めて自由に飛ぶことができます。

 

下のバーにあるカメラのところを押すとアングルを変えれます。左から2番目にある四角のマークでマップの拡大・機体のライトやシートベルトサインのオン・オフを変えることができます。設定で天気、風向や機体の重量など変えられます。

まとめ

 Infinite Flight の言語は英語ですが、操作を覚えることで離陸や着陸ができるようになり上達します。慣れなくても練習して離陸から着陸までスムーズにでき、いろんな空港を自由に飛行できます。

機体は何種類もあり空港も多いです。それを全部解放するには1か月か6か月か1年から料金のプランを選んで支払い続けることが必要です。それを利用しなくても、空港や飛行機は制限されますが、ずっと遊ぶことができます。

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です