ライフアフター 遠星城の進め方

 

ライフアフターの遠星城では、停戦区域と異なり、プレイヤー同士が敵となります。その遠星城の攻略を紹介します。

今回の内容は、

「ライフアフターの遠星城では何ができるのか」

 

という方にオススメです。

遠星城とは

遠星城は停戦区域と違って交戦区域なので、和平と侵略に分かれてプレイヤーと戦うことができるマップです。

戦いを避けたい場合は、平和、戦いをしてみたいという場合は、侵略を選択することができます。

侵略プレイヤーになると、指名手配となり、マップにいる人に知られるので、見つかります。指名手配はプレイヤーを倒した瞬間から、カウントされます。

指名手配は、同じ侵略の人に倒されるか、和平の人に倒されると、なくなります。

その他に木や石の採集もできますが、周りを見ないと、倒されてしまいます。

遠星城の行き方

遠星城にの行き方:ヘリ→端末を起動→交戦区域の「遠星城」を選択→「向かう」で行けます。

 

 

二つのチームに分かれている

遠星城は平和と侵略に分かれ、役割が異なります。

指名手配:プレーヤを攻撃すると自分の名前とマップにアイコンとして表示され、各プレーヤに知られてしまいます。

平和:自分と同じ平和の人を攻撃できませんが、赤プレイヤー(侵略の人)は攻撃できます。攻撃すると指名手配になってしまいます。

侵略:平和と侵略のプレーヤを攻撃でき、各プレーヤに知られてしまいます。

平和でも侵略でも攻撃すると指名手配になるのは同じですが、侵略になると各プレーヤに知られてしまうことです。

 

 

指名手配のプレーヤは下の画像のようにマップに表示されてしまいます。

 

 

指名手配だと、武器の強さによっては負けてしまうことがありますので、戦闘は避けたほうがいいでしょう。

マスターキーを使うと宝箱を開けられる

遠星城には宝箱があります。レアなアイテムが入手できます。

普通の宝箱は鍵がなくても開けられるますが、

ロックがかかった宝箱はマスターキーを作成すれば、開けることができます。

宝箱1個にマスターキーも一個として使います。

 

マスターキーは製法所で作れます。(製作レベルを上げると解放されます)

 

 

マスターキーは開けられない宝箱に使えます。

ロックがかかった宝箱は建物の中によくあります。

 

 

木や石を採集できる

遠星城では、プレイヤーと戦闘を避けながら、木や石を採集することができます。

木や石を採集で、秋の森林で手に入るアイテムを入手できます。

宝箱を開けると、レアなアイテムも入手できます。

プレイヤーに倒されてしまうと、少しですが、アイテムを落とされてしまいます。落ちたアイテムを取りに行くことで、戻せます。

 

ヘリで帰るときの注意

停戦区域のマップでは、配達員がいて物資を送れましたが、遠星城では、

郵送と倉庫が分かれています。

汚染物が完全にリュックにない状態で、ヘリに乗り帰ることができます。

帰るには、倉庫と郵送のどちらの場所でも帰れます。

遠星城で取った物資は汚染されているので倉庫に預けるか、郵送で送りましょう。

郵送:

郵送はくる時間が決まっており、そのときしか送ることができません。

倉庫:

預けるだけなので、送ったことになりません。

倉庫は、預ける制限などで送れない物資などを預けて、再度きたときに、郵送しましょう。

 

 

合わせて読みたい